2015年3月17日

何か大きな忘れ物をしているような気持ちから逃れられない
それはある種の懐かしさでもありなぜか哀しみにも似ている

ただ、それはもう二度と触れられないもののようでもあり…



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました