2016年1月16日

社会性乏しい職場風土に身を置き窒息寸前の友は語った…

その体育教師は部活指導だけをやりたくて先生やってる。
朝練から放課後までは特別支援の担任で適当に暇つぶし。
公教育の場にあって特別支援教室はただの託児所のよう。

教室を勝手に部室化。報連相は無視、会議は寝るか私語。
仕事関係の書類には目もくれず、そのくせ偉そうな態度。
現場の女性同僚に対しては、まさに「モラハラ」そのもの。

特別支援学級はそんな先生達の吹きだまりになる傾向が。
校長も特別級の生徒の将来より運動部の次の試合に関心。
しっかり社会福祉を学んだ志ある教師はそこで潰される。

そんな忌忌しい現実があるようだ。今も放置状態は続く…

この特異な職場組織の長って大概キツネかタヌキだよね。



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました