2017年9月18日

車内広告で見たけど、 「スリムアップ」全身脱毛って何?
全く翻訳不能なジャングリッシュがまだ使われている…

かつて乳酸飲料で「クールアップ」なんて広告もあった。
マナーアップ、 スキルアップ… 何でもかんでもアップ。

英語の省略記号を 日本語の中黒と同じ感覚で使ったり、
英語が大好きな日本人の、日本人にしか通じない英語…

「ボランタリー」の意味で 「ボランティア」と言ったり、
「スケルトン」は あたかも「透けるトーン」かのような…

最初に言ったヤツ、流行らせたヤツ、いったい誰だ!



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました