2018年3月27日

人の役に立つでもなくただ歳をとっていた。
いつも心の片隅には一抹の淋しさがあった。

果たせぬ事、 叶わぬ事、 溜息がまたひとつ…

でも街は季節を愛でる人々で賑わっている。



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました