2018年5月17日

創造の自由を失うことを一番恐れていた

ボクの見ていた世界はもっと明るかった
ボクの中にある景色は急速に窄んでいく

この先にあるのは「虚無」なのではないか

望んでいたのは「永遠の感動」だったのに



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました