2018年6月26日

搾取体質の企業でも 社員を護る過剰な義務を負い、
正社員は 福利厚生や社会保障でも優遇されている。

格差を是正するために 正社員の待遇を下げるのは、
「同一労働 同一賃金」の悪い見本になる というが…

限られた富を分かち合うのに それは避けられない。
正社員は 既得権と既成事実の優位性に甘んじてる。

因みに 国が本気で「同一労働 同一賃金」を考えるなら、
まず 法定最低時給を 全国一律にするとこからだよね。
( 生活経費の地域差とこれとは別な問題 )

ただ 現行の法定最低時給は そもそも生活不能レベル。
( 特に 一日8時間拘束なら 相応の代価が必要 )



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました