2020年7月23日

健康で文化的な最低限度の生活
それすら保証されない最低賃金

雇用側の事情や社会的な背景で
その改善が難しいのは解るけど

そも最低賃金以外で働く人々の
対価が適正なのかは論じられず

公務員のボーナスには必然性がないし、
働きとは無関係な政治家の処遇も然り。

雇われずに自立した事業を営む個人が、
社会的に不利という また別な一面も…



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました