2021年2月4日

特権アスリート達の自己実現のために莫大な公費
当人「頑張る姿を見せて希望と勇気を届ける」だと

ごく一部の運営者や協賛者達の利権が守られても
それでいったいボクらの暮らしがどう良くなる?

なぜ「脳筋祭り」が優先的国家事業となり得るのか
脳筋の道は拝金に通ず…この国は「脳筋天国」か?

ーーー
スポーツ庁の役割は脳筋偏執狂を保護することか

「脳筋議員」が文科大臣や副大臣になったりもする



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました