2013年11月5日

それが無くも確かに動いていた筈の世界。
いつしかそれ無くば忽ち止まってしまう。

それにしがみつく者達は錯覚に身を投ず。
護らねば自己否定に果つる事を恐れる故。



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました