2014年3月14日

ボクは感動するために、感動したくて、生まれてきた。
その感動を他者と共有できる創造こそ至高と信じた。

今までずっと、ボクだけが幻を見ていたのだろうか…



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました