2014年12月7日

幸福に近い人を援助する「最多数の幸福」か
幸福に遠い人を救済する「最小数の不幸」か

社会的な障壁を排除するには公の力が必要
カネを配る発想しかないならどちらに使う

カネ配っても本質的解決にはならないけど



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました