2015年1月27日

それで他の誰もが自由になれるなら、僕一人が不遇を背負うのは厭わない。
ただ現実は、一握りの人の勝手のために、他の多くの人も犠牲になってる。



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました