2015年10月22日

この季節、朝夕のひんやりとした空気が懐かしさを誘う。
そして、在る筈の時がずっと止まっていることに気付く。

記憶の欠片がよぎって消え、苛立ちと虚しさが交錯する。



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました