2019年8月3日

あくまでも 「社会保障=カネを配る」 だけ であるならば
( 「配る」には 国が代わりに支払う「無償化」も含む )
全世代型社会保障の最終形は「ベーシックインカム」かと
( 現政権党のそれは およそその方向とは異なるが )

政治の世界では「財源捻出」の議論が必ず出てくる訳だが
経済構造や関連制度が今のままでは非現実的なのが当然

つまり一連の仕組みの大変革後に初めて実現できること

だが「社会保障」とはカネさえ配ればそれで済むものか?
カネだけでどうこうしようというのは貧しい発想では?

今の経済常識とは決別し社会構造の刷新が必要となろう
カネしか見えない信じない人には合点がいかないだろが

カネを恵んで弱者を救う発想では 弱者は弱者のままだ…



にほんブログ村 にほんブログ村



過去の記事

タイトルとURLをコピーしました